シミができるさまざまな原因

シミで悩まれている女性は多いのではないでしょうか。
一度できてしまうときれいに消すのはとても難しく、メイクのときなども隠すのにも苦労するものです。
シミができてしまう原因のひとつには、紫外線があげられます。
長時間外でいるときや、海水浴などで強い紫外線を浴びてしまうとメラニンができやすくなりますので、紫外線対策は年間を通して行っておきたいものです。
さらに肝斑など女性特有の症状もありますが、これはホルモンバランスの変化や乱れが影響しているとされています。
肌の炎症が原因していることもあります。
ニキビやアトピーのあとがシミになってしまうこともありますし、さらに肌をこすりすぎたりなどの刺激が原因でなってしまうこともあります。
さらに睡眠不足やストレスが影響してしまうこともありますし、冷えなどの血行不良、喫煙によるビタミンCの破壊などが影響してしまうこともあります。
そして加齢により肌の修復能力が落ちてしまうことも原因のひとつです。